Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨べら道具

カーボン2本もの玉の柄
清舟の玉の柄、コミが割れて修理がきかなくなったので、新調した。カーボンだが途中と手元が外れるため1本もの、1本半もの、2本ものと使い分けができる優れもの。手入れも楽だし、これから俺の相棒としてなくてはならないものとなろう。同じくカーボンの尺3寸の玉網の枠がブルー映えて美しい。
スポンサーサイト

FB仲間と山中湖へ

5月の相模湖に続き、山中湖へ。ここは、大昔に一度来たことがあるがほぼ覚えていない。情報を集めて、我慢して、いざ出陣。中央道の談合坂でFB仲間とおち合い、4時山中湖に到着。まずは本湖をみてみるがまったくといっていいほどもじりがない。やはりワンドがいいようなので、平野へ。6時出船、消火栓前に一人(自分)あとは正面左の沖ヴイ脇へ。タナは16尺2本ちょっと、わざと長めの竿を使う。大型を掛けたとき、沖へ突っ走られると短竿では止まらない。わかってたはずなのにあとでホゾを噛むはめになった。今日のエサ、真底2、夏1で水1.8、20回ほどかき回してマッハ2で調整、ボソッ気の残るヤワネバタッチ。グルテンも用意する、凄グル1、尺上1で水2、固まってたら手水で耳たぶまで軟らかくした。だがグルテンは良くなかったので、最初だけ、あとは終始両ダンゴの底を通した。結果、釣るには釣ったが、最高35止まりで6枚、管理釣り場よりへたれ。揚句、唯一の大型を掛けたときに沖走りされ、16尺の穂先が飛んだ。昔の竿(二天粋)なので部品がない、これが一番堪えた。3人で誰も40上を上げられなかった。昨日より一気に気温が下がったのが影響したか?

久しぶりの巨べら釣り

ネットで各釣り場の釣果を観ていたらがまんできなくなって、釣友と連絡しあい、相模湖の青田沖に行ってきた。ここは昨年絶不調だったが、今年は去年の倍返しといわんばかり、尺上どころか50アップがバンバン釣れている。出船が遅いので6時に相模湖インターで待ち合わせ、7時出船。常連さん中心に8名程の巨べら師、みなやるき満々だ。ところが・・・。
現地に着くとあれ?なに?この静けさは?なんとハタキどころかもじりすらない。がっくし。それでも午後から急にハタキだすこともあるのでとにかく船付。入口から中にはいらず右手の浮きオダの左右に別れて船を着ける。これなら会話がはずむ。
水は濁り、水温も十分、水面はハタキ後の切れた草が浮かんでいる、絶好のコンディション、なのになんでもじりはないの?
今日は12尺振出、道糸2.5号ハリス2号、ウキはもちろん今日の同行者の作、「シャッロー7番」、エサはあまりバラケを打ちたくないのとちょっと水が冷たく感じたので両グルにした。凄グル8:イモ2、水1.5で作る。第一投は7時40分。長い1日の始まりだ。
で、終了。んなアホな。書くことができないほど撃沈!!アタリでことはこのこと。前回河口につづきここでもかい!!タナも1本から3本まで探り、作ったエサの種類も書ききれないほど。新品の玉網が水を吸うことはついになかった。
昨日までガンガン釣れてたのに~。釣れてきた釣友に申し訳ないがしょうがない。次こそガツンと釣ってギャフンといわしたる。

桜満開、絶景の富士山in河口湖

いったい何年ぶりだろうか。友人と乗っ込み狙いで河口湖へ出かけた。夜明け前、薄暮の水面を見て回るがもじりも少なく、はたく様子は全くない。結局岩盤地帯で周りにはたき場があるワンドに入った。結果、大惨敗。長いことへらぶな釣りをしているが、こんなことは初めて。とにかくウキが動かなかった。アタリがあるどころか、さわりさえない。ジャミもあたらない、ほかの魚もあたらない。16尺底釣りから始めるが10時でギブアップ。とにかく水が澄みすぎていて、沈みゆくエサも丸見え。岩盤の切れ目、へち周りを14尺で攻めるのも、オモリが岩盤に挟まり道糸が高切れしてギブ。午後から、友人の隣に入り、12尺。岩盤のすぐ先、足元を底すれすれで攻める。この時使ったウキは友人作、シャローデブトップ7番。このウキ、実に使い勝手が良い。三枚合わせ、デブのロングトップなので、重たいエサをしっかり背負うし、ストロークが長いので、なじみきるまでのサワリがわかりやすい。一度は深なじみさせてからの巨べら狙いには欠かせないウキとなった。だが、釣れないときは何をやってもだめ。友人も終日16尺底釣りで攻め、数回あたりがあったようだが、ノーフィッシュ。次回は相模湖でリベンジとしよう。まだ水温も低いので、今日はグルテンセット。バラケは尺上+底・夏、クワセは凄グル+いもで終日とおした。

巨べら掬うぞ~たも新調~

本格的にヘラ釣りを始めたのは23歳頃だったろうか。当時の幸手園にはまり、近くの釣り堀や加須吉沼などの管理釣り場、豊英湖、三島湖、三名湖など準山上湖にも良く行ったが、釣れるへらは大きくても尺ちょっと。そんなに大きなタモは必要なかった。それが津久井湖の乗っ込みにはまり、ナイターまでやりだすとターゲットは尺半越え。それなのに、タモの直径は尺のままだった。そして今回、相模湖の巨べらを相手にするにあたりやっとタモを新調したが、玉竿はそのまま。タモはカーボン、玉竿は竹、このアンバランスがまた妙にいいのだ。はたしてこいつを使う場面はいつくるのだろう。カーボン尺3寸

Extra

プロフィール

巨べら小僧

Author:巨べら小僧
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。